協会概要about

理事長挨拶

赤ちゃんのにぎやかな声、子どもたちや若者の楽しそうな声が聞こえてくるとほっと明るい未来を感じませんか。

私たちはそんな子どもたちの最善の利益をめざしていろいろな公益事業を行っています。

子どもたちがすくすくと成長、発達し自己の表現が出来ることが最も大切なことだと考えています。

国立総合児童センター「こどもの城」でも30年間に渡って居場所づくり、遊び場、保育、クリニック、給食など多様な健全育成事業を手掛け経験を積み上げてきました。

児童福祉法では、全ての国民は子どもの健全育成に努めなければならないとされており、子ども・子育て支援法でも子どもが健やかに成長できる社会の実現に寄与することが目的とされています。

私たちはこれをお手伝いするとともに、自らも社会環境を踏まえながら真摯に取り組み更に実践を重ねていきたいと考えています。


経営理念

公益財団法人児童育成協会は児童福祉法の理念に基づき、児童の健全な育成及び資質の向上並びに保育・子育て支援、文化及び芸術の振興に寄与することを目的に以下の事業を運営します。

  • 「子どもは歴史の希望である」という基本理念に基づき、子どもたちの最善の利益を目指した活動を行います。
  • 児童厚生施設の運営を通して、直接的な児童、保護者への遊びを通じた育ちの支援を行なうとともに、そこで開発されたプログラムを全国の児童館等へ発信、普及を行います。
  • 児童健全育成に従事する専門職、ボランティア等への研修をはじめとした人材育成を行います。
  • 児童福祉施設における給食の充実のための事業を行います。
  • 保育・子育て支援のための事業を行います


協会概要

団体名
公益財団法人 児童育成協会
理事長
鈴木 一光
設  立
1978(昭和53)年6月20日
住  所
東京都渋谷区東2-22-14 
ロゼ氷川6F
TEL
【代表・総務】03-3498-4591   【企業主導型保育事業】03-5357-1139
FAX
03-3797-5676
事  業
健全育成事業
児童給食事業
企業主導型保育事業
児童福祉週間標語募集事業
出版事業
児童養護施設等事業
児童福祉関係研修会協力事業


アクセス

【 本 部 】

〒150-0011 東京都渋谷区東2―22―14 ロゼ氷川6F
総務部 TEL: 03-3498-4591 FAX: 03-3797-5676

JR線「渋谷」駅新南口 徒歩8分 東急東横線、東京メトロ「渋谷」駅 徒歩12分
都営バス <58番のりば>〔都06〕新橋駅行<56番のりば>〔田87〕田町駅前行「渋谷駅前」(東口)乗車
「渋谷車庫前」下車

【企業主導型保育事業本部】

東京都千代田区四番町2-12 四番町THビル
企業主導型保育事業本部 03-5357-1139


沿革

昭和53年6月
財団法人 日本児童手当協会 発足
昭和60年11月
国立総合児童センター「こどもの城」(青山劇場・青山円形劇場)開館(経営委託受託)
平成8年8月
解散した「財団法人日本児童福祉給食会」の事業を継承し、財団法人 児童育成協会へ名称変更
平成24年10月
公益財団法人 児童育成協会へ移行
平成26年4月
草加市立氷川児童センター受託
平成26年9月
港区立麻布子ども中高生プラザ受託
平成27年3月
国立総合児童センター「こどもの城」(青山劇場・青山円形劇場)閉館(経営委託終了)
平成27年7月
解散した「一般財団法人 こども未来財団」から事業継承
平成28年4月
練馬区立平和台児童館受託
平成28年5月
企業主導型保育事業受託
平成30年4月
練馬区立仲町小学童クラブ受託
平成31年2月
世田谷区立希望丘青少年交流センター(アップス)受託
平成31年4月
世田谷区立野毛青少年交流センター受託


情報公開


事業計画・報告書

Page Top